どーも、こんばんちわ。真部です。

上越商工会議所主催の創業塾2018年度第1回目に参加してきましたよ。

26名の参加があって、多いのか少ないのかわかりませんが、いろんな人いるなって感じでした。

だいたいなんパターン化に分かれてましたね。

守秘義務あるんでどんなシゴトしたい人がいたかとかは言えないけど、

①副業→本業狙い(物販ビジネスが多いみたい)

②ほぼ創業することなってるけど、一応最後のおさらいに。

③その他

①の人たちは融資狙いっぽいね。

物販はどんだけ資金を枯渇させないかだから、融資狙いだよね。

これは、逆に資金さえ入れば・・・

太刀打ちできる?とも言えるのかなと思ったり。

まあ、あんまEコマース系に興味ないから、しないけど。

②はどちらかというと知識ありき。

わたしもそうだけど、経営ははじめてだからドシロートだもんね。

ちょっとでも不安を消したいじゃん。

③なんでここきたんだろうなあ。

っていう感じでした。

セミナー内で心に残った一言。

おぉーと思うし、やっぱり大事なんだって思ったことのリストアップ。

「買ってくれなっきゃ、やる意味ないよ」

「不満とか不便は、ビジネスの動機になる」

「土地選びは条件から選ぶと失敗する、何がしたいのか、誰とするのかが大事」

「ビジネスへの情熱と公共性に対して、人は集まる」

くー。

俺も登壇して、こういうの言ってみたい!

—–