どーも、株式会社セプテンマリア、代表の真部裕充でーす。

今度からこれでいこう。(SEO対策、SEO対策っと・・・笑)

さて、大分に帰ってたら、面白いもん見つけたんですよ。

なんかみたことあんな~っておもった看板。

最近は「白に黒ぬき」の看板。

これがトレンドになったんだろうか?

と思いきや・・・

おや・・・?

おや~???

これは、魚民があった場所・・・。

つまり、これはモンテローザビル!!

魚民が転換して、ミライザカのパクリのキタノイチバで出店してんすね。

おどろいた。

メニューも、styleも完コピです。

そして、本家のミライザカといえば大分では新規出店。

これでは、どっちが本家かと言われると、まけてしまいますねえ。

さすが。

これを、感嘆するか、憤慨するかは人によりますけど。

わたしは感嘆しました。

これが我らがマーケティングの中では、「模倣的戦略」というやつです。

あくまで、自分たちで作り出すことはしない。

しかし、流行る、流行っている業態をコピーすることで、時流に乗る。

という、あくまで、ベーシックストラテジーに基づいた転換なんですよね。

これだから、居酒屋は競争の最前線。

戦略、戦術、戦闘がふんだんに使われているので、

学びの場として最高でありんす。

マーケティングといえば、コトラーさん。

分厚い本ですが、読んでみたほうが絶対いいっすね。

—–