どーも、こんばんちわ。

株式会社セプテンマリアの真部です。

サービス業ってのは、営業のQSCチェックってのがあるわけですが、

ぶっちゃけそんなの必要ないって思ってたわけ。

それを高めたからって、売上が上がるわけでもないもん。

そんなオカルトありえません。

なんて思ってたんだけど。

最近、経営するようになり、気づいたの。

QSCチェックは別に売上のためではないのでは?

ということに。

W社から先輩の社員を引き抜いて、今の会社を始めたんですが、

先輩も店長だったので自分の中の世界観があるわけ。

当然意見の食い違いがある。

それにお互い納得ができるかというと、納得するわけではない。

QSCチェックってのは、この経営者の意見をストレートに反映させる術。

流石に3店舗見ながら、営業を回すのは物理的に一人の店長としては出来ないでしょう。

営業を回せたとしても、いい店にはならんでしょう。

でもいい店って、何かと言われても、人によるんですよね。

そのいい店を刷り込むのが、これにあたる。

主の飲食の演出、世界観を維持するためのQSC。

その基準を守るのが店長の役目。

船井総合研究所の本が逆の立場では、今までと違うエッセンスで頭の肥やしになっとるようです。

—–