どーも、こんばんみ。

セプテンマリアの真部です!

僕が経営者になりたいと思ったのは、船井幸雄先生に感銘を受けてからでした。

船井先生の著書はかなり読み漁ったと思います。

そもそも、僕が就職したい会社と思っていたのも船井総合研究所でした。

船井先生や船井総研の考えは、僕の価値観におおきな影響を与えたと思っています。

面接の質問でも必ずしている質問があります。

「あなたは運がいいと思いますか?」

この質問は必ずしています。

僕はきかれたことなかったですが、面接でこの手の質問をしている会社はいるみたいですね。

なんでかなあと思ったら経営の神様が毎回、最後に面接で聞いてたみたいですね。

正直知りませんでした。

この質問をする真意は何か?

松下翁が言うには・・・

「周囲に感謝している人間かどうか」

さすが、経営の神様は見どころが違うね…。

僕がなんで、この質問をするかというと。

この人は自分のコップを、運という側面からどう見ているかを知りたいのです。

欠乏してるマインドなのか、充足しているマインドなのか。

自分の結果に対して自責なのか、他責なのか。

プラス発想なのか、マイナス発想なのか。

ほとんどの人に質門をしてきましたが、その中でも中国の留学生が面白かったですね。

「運というものは信じていない、すべて自分の実力だ」

おお、って感じでしたね。

僕はかなりおすすめの質問です。

—–