夢アワード9に行ってきた。

写真に瓜生さんがいないのは…

先に帰っちゃたんで許してね(笑)



【開催御礼】みんなの夢AWARD9 ご来場ありがとうございました。 « みんなの夢AWARD9

もう、夢だけで終わらせない。日本一の夢の祭典「みんなの夢AWARD9」■後援
・内閣府
・総務省
・外務省
・文部科学省
・農林水産省
・経済産業省
・日本取引所グループ/東京証券取引所
・NIPPON IT チャリティ駅伝 2019年2月25日(月)舞浜アンフィシアターにて
「みんなの夢AWARD9」が開催されました!厳しい選考を経て、500名のエントリーから選ばれた
7人のファイナリストがプレゼンテーションを披露。
5名の審査員、協賛企業、協力自治体と来場者の投票により、
グランプリと準グランプリが決定されました。 5年後の肩書き 株式会社KURABITO STAY代表実現したい夢   世界を魅了する「酒蔵ホテル KURABITO STAY」を成功させ、100年後も誇れる故郷を守り繋ぐ地域にあるもの、日本にあるものの魅力を最大限に引き出す観光で
その魅力を守り続け、地域を元気にし次世代に繋げていきたい。田澤さんが着目した日本酒の「酒蔵」という文化資源、
その生産オフシーズンを利用した、「KURATSUBO STAY」。地域に残る様々な技術や文化資産、それを造る人と人、
そしてそれを観に来る観光客とを繋げることで地域を活性化する。
文化、経済、そして生活を循環させ守り続ける「地域を観せる」成功の「方程式」。
自身の故郷佐久地域から全国に広げて日本を元気にしたいと語りました。グランプリの田澤さんには、
ソーシャルビジネスとして展開して行くための最大2000万円の出資交渉権と、
副賞として100万円の「夢支度金」が授与されました。  使用率、また心停止した当事者に運ばれるまでの運搬時間など、
心停止の対処には画期的なはずのAEDには課題が多く、設置数は多くとも、
救えるはずの命が救えていない。その課題を解決するためのデバイス「AEDi」を開発する岡田さん。「心停止をしている人が居たら助けよう」という意識を高める社会教育の難しさを受け止め、誰にでも「命を救うプロセス」に知らずとも協力してもらえるシステムをつくるべく、実用化を進めている。準グランプリの岡田さんには、
賞状と、副賞として10万円が授与されました。 5年後の肩書き  働き方のフランチャイザー実現したい夢    飲食店から始まる、日本の働き方改革 ~朝ご飯も晩ご飯も家族で食べられる、持続可能な働き方~飲食業界か


夢を叶えようという想いというのは、気持ちいいし、熱い。
いつ、なんときも夢というものを忘れずに、求め、行動すれば実現するんだ~!!


ってめっちゃ思う。

もともと、僕は現実思考。

現実を見るが故に、問題がどんどん飛び込んでくる。

誰か!!
この問題を解決しないと!

そう思うけど、みんなにとっては当たり前なんだよね。

何がおかしいの?

って僕のほうが変人扱い

だから自分が変えなきゃって思って、変えてきた。

数年間、ワタミで働いてきて、いろいろと学んだ。

大規模に変えないとただの自己満

小さい思いも大事。

でも、小さくまとまってちゃ、世の中変わらんし、問題は解決しない

小さい解決じゃあ、自分の満足にしかならない。

僕は地方から、若者が夢を叶えられる社会づくりをして、日本をげんきにする。

こんな時代だからこそ、どこでもやりたいことが出来る!

仲間大、大、大募集!!!

—–