この投稿をInstagramで見る

中小企業の採用、離職率下げる、社員教育をするにはと迷った時の具体例、速攻術。 「人材戦略がすべてを解決する」小山昇(2019)KADOKAWA  人材戦略とは?社員一人あたりの生産性をあげることと、人材の流出を防ぐこと。 誰を採用するか? 価値観合う人、社風に馴染める人。 25%の法則。売り物、顧客、従業員の25%は5年内のものに変える。 一人やめたら二人採用する。 定着させるには、人事異動をする。賞与をはっきりさせる。キャリアプランがわかるようにする。経営計画書に明記。 社員教育は質より量。同じことを何回も教える。新しいことは教えない。 #読書好きな人と繋がりたい #読書記録 #読書 #人材育成 #採用 #マインドマップ #小山昇 #本 #本好きな人と繋がりたい #ビジネス書

田舎の居酒屋経営 セプテンマリア 真部裕充(@yuchongzhenbu)がシェアした投稿 –

—–