この投稿をInstagramで見る

「世界一やさしいindeedの教科書」高山奨史 新倉竜也(2018)クロスメディアパブリッシング indeedのトリセツっていう感じです。 やったことがない人が始めるには良いです。 元船井総合研究所なので、マーケティング発想を取り入れようというのが面白い。 採用も、マーケティングで考える。 ほしい人を、求人に来る人を元に再定義する。元気な人(20代活発な人→シニアでも勢いのある人) 入社数=表示回数×クリック率×エントリー数×入社率 クリック数×単価=広告費 表示回数を増やせば入社数が増えるので、クリック率をもとに広告費を決める。 #読書好きな人と繋がりたい #読書記録 #本好きな人と繋がりたい #本 #book #bookstagram #bookworm #booklover #bookshelf #要約 #マインドマップ #mindmap #mindmapping #本の虫

セプテンマリア 代表真部裕充(@yuchongzhenbu)がシェアした投稿 –

—–