ズボラなあなたでも時間管理ができるようになる方法④

どうも!今日も張り切っていきましょ~!
さて、今日はどうして時間管理ができないかという話していきましょう!

時間管理でこんな間違いをしていませんか?
手帳を使わないと、時間管理ができないって思っていませんか?

・緊急じゃないけど大切なことができない
・気づいたら緊急なことだらけ
・手帳にないだらだら時間を結局やってしまう

時間管理をできないあなたは、
こんな悩みを持っているのではありませんか?

分かります。
私もそうでした。

どうして、このような間違いをしてしまうのでしょうか。
それは、本当にあるべきことにフォーカスできていないからです。

川で石を掬い上げて筒の中に入れようとしたとき、
みんな小さい石や砂利ばかりを先に入れてしまうから
追い大きな石を入れれなくなってしまいます。

まず初めに、あなたがやるべき
大きなことが何かを知ることです。

つまり、自分ではなくてもいいことは自分でしないのです。

とはいえ、僕みたいな弱小企業の人間は、
ぶっちゃけ全部やらなくてっはいけないので、
いつかは無理をする場面も出てくるときもあります。

ですが、あなたがほかのスタッフと仕事をしているのなら?
もっと時給対価を考えると、
フォーカスをするべきことが、たくさんあるわけです。

僕は居酒屋経営もしているので
店内で洗い物をするよりも、既存客に対して
DMをしっかり描いた王が売り上げにつながり、
お店への貢献ができるわけです

ひょっとしたら、あなたはお茶を汲んだり、
コピーを取ったり、両替しに行ったり、
部下でもできるようなことをしているかもしれませんね。

わざわざそんなことさせるのが申し訳ないって思いますか?
まあ、わかりますよ。
でも、あなたの時給いくらですか?

時給1万円なのか、3000円なのかいずれにしても、
高いコピーになっちゃいますよね。
そういうことは部下にやらせなければいけないのです。

あなたにとって、一番大切なことはなんでしょうか。

売上?利益?従業員?

家族や趣味も含めると、
いろいろとありますが、
今回は仕事に限って考えましょう。

スタッフの一番大事なことは、きちんとコピーを取ることだったり、
きちんとお茶をお客様に提供することかもしれないですよね。

あなたが与えられた一番の課題にフォーカスして、
ほかのものは全て、スタッフに任せていいのです。

その為には、なにをが必要か。

自分が一番やらなければいけないことは何か?
自分の一番の課題は何か?
あなたがどうして、その給与をもらえるのか?
を考えるのです。

ドラッガーは言っています。

事業は何か
事業は何にあるのか
事業は何であるべきか
事業は何を捨てるのか

マネジメントでも有名な一説ですよね。
これを人に当てはめてみるのです。

あなたは何か
あなたは何になるのか
あなたはなんであるべきなのか 
あなたは何を捨てるのか

この4つの質問を今日はやってみましょう!
ワークシートを添付しておりますので、活用ください。

レッツチャレンジ!