仕事の基本、ホウレンソウの使い方

どーも、まぶちゃんです。

ホウレンソウは仕事の基本だ!
ってよく言われますが、
あなたの店舗でホウレンソウがしっかり行われてますか?

ホウレンソウはできてるのか?

ぶっちゃけ、ホウレンソウって行われていないのでは?

ホウレンソウがよくできる組織は、
人間関係がよくできている組織か、
体育会系だと思います。

でもどちらにせよ、
大体悪い情報は上に上がってくることはまずありません。

だって、怒られるか、言いたくないから。
わざわざ評価下げたくないからね。

でも実際にはお客様がどう思っているのか。
バッドニュースファーストが大切。
お客様が思う不満をいち早く解決することが大切です。

で、トップとしてはどうしたらよいのかって話ですね。

トップが行うホウレンソウ

ホウレンソウは自分から取りに行け、です。
今の時代、従業員はお客様です。

人財、人材、人罪、人在の4つのポートフォリオを作ったら、
人在が増えているかもしれませんね?

怒られたくない従業員ってのは増えています。
競争社会に慣れていないのですね。
わざわざ嫌なことを自らしたくないのですね。
ほめてもらいたけど、怒られたくはないわけですからね。

ってことで、お客様はどうなっているか?
トップが自らお客様を回るか、
または従業員に聞きに行くってのは大切なことです。

ここで、さらに大事なことがあります。
問題が多くあったとしても、
従業員は「本当に問題ない」と思っている場合があるということです。

そのギャップを感じることが大切なのです。
トップが従業員にきっちりサービスができてるか?
と聞いた時、OKと答えます。
実際に自ら確認した時、自分の基準に満ちていないとします。
其のギャップを教えてあげることが必要です。

ホウレンソウ。
仕事の基本ではありますが、
基本だろ!といっても、一石二鳥でできることではありません。

どういう情報をトップが求めているかを、
自ら従業員に求めていく必要があるのです…。